MENU

王のスペシャリテ「佛跳墻」や「鮑食べ比べ」を含む、雑誌「家庭画報」特別ランチコース

王のスペシャリテ「佛跳墻」や「鮑食べ比べ」を含む、雑誌「家庭画報」特別ランチコース

王のスペシャリテ「佛跳墻」や「鮑食べ比べ」を含む、雑誌「家庭画報」特別ランチコース

2017年6月 1日

中国料理「故宮」では、「家庭画報」に掲載の特別ランチコースを期間限定でご用意いたします。

お料理には国産干し鮑と活エゾ鮑の食べ比べや、旬の鱧などをご用意。
また、国産牛フィレ肉の味噌炒めは、北京ダック風にクレープ包みでお召しあがりいただきます。 ひと口目は味噌炒めだけで牛肉の美味しさを、次にクレープに包んで、味の広がりとまろやかさをお楽しみください。

また、「故宮」のシグネチャーディッシュ(看板料理)である佛跳牆も夏バージョンでご用意しております。 朝鮮人参や旬の夏野菜を使い、下ごしらえから完成まで1週間以上かけてじっくりと仕上げた薬膳スープ。 それはまさに料理長・王の哲学「医食同源」と美味を追求した特別料理。是非この機会にお召しあがりください。


メニュー

  • 海の幸二種の野菜サラダ 雲丹添え
  • Special  夏野菜と中国乾物入り王特製蒸しスープ
  • Special  国産干し鮑と活エゾ鮑の煮込み 中国もずく添え
  • 国産牛フィレ肉の味噌炒め クレープ包み
  • 鱧と春雨の蒸しもの 魚醤ソース
  • 海老と黒胡麻入りチャーハン
  • マンゴープリン入りマンゴージュース
  • 季節のフルーツと胡麻団子

スペシャリテ
「夏野菜と中国乾物入り王特製蒸しスープ」
「国産干し鮑と活エゾ鮑の煮込み 中国もずく添え」

今回の特別コースでは、「佛跳牆(特製蒸しスープ)」と「干し鮑と活エゾ鮑の食べ比べ」をご用意。 スペシャリテであるこの蒸しスープは干し貝柱、棗(ナツメ)、朝鮮人参、クコの実、白ごぼうのほか、苦瓜、トマト、冬瓜など、数多くの高級乾貨の旨味と旬野菜の甘みが詰まった薬膳スープです。 「佛跳墻」の名前の由来は、「あまりの美味しそうな香りに、修行僧ですら壁を飛び越えてくる」という逸話から。

ふたを開けるとふくよかな香りが広がり、琥珀色のスープを口に含むと、複雑な旨味が幾重にも広がります。 王の作り上げた至高のスープで、中国料理の深遠さにふれていただけます。

また、鮑の食べ比べは、干し鮑と活エゾ鮑を贅沢に使い、長時間かけてやわらかく煮込みました。 干し鮑は噛みしめるたびに、凝縮された旨味と磯の香りが口の中に奏で、活鮑はひと口ごとに鮑本来の甘さがあふれます。


海の幸二種の野菜サラダ 雲丹添え

夏野菜と中国乾物入り王特製蒸しスープ

国産干し鮑と活エゾ鮑の煮込み 中国もずく添え

国産牛フィレ肉の味噌炒め クレープ包み

鱧と春雨の蒸しもの 魚醤ソース

海老と黒胡麻入りチャーハン

デザート3種



ご提供期間

2017年6月1日(木)~7月31日(月)

料金

お一人様:7,000円

お問い合わせ

中国料理「故宮」06-6440-1065

ご予約

こちらのコースは特別コースとなりますため、2名以上で3日前までにお申し込みください。